ブログ

紀元前から行われていたワックス脱毛のメリット・デメリット◆種類は?

前回のブログ記事で脱毛の歴史を調べている中、ワックス脱毛が紀元前から行われていたことに驚きを隠せず、今でもなおサロンがあるくらい人気のワックス脱毛について深掘りしたくなってしまいました。ワックス脱毛の種類、ワックス脱毛のメリットやデメリットについて今回はお届けしたいと思います。

そもそもワックス脱毛とは?

ワックス脱毛とは、とろみのある液体を脱毛したい箇所に塗布し、毛とワックス剤が接着する力を利用して毛根から抜く脱毛法のことを言います。レーザーや光脱毛に比べると安価かつ短時間で脱毛することができ、カミソリで剃るよりもツルツル肌の期間が長いことから人気があります。市販のワックス剤もあるので自宅で脱毛することも可能です。

ワックス脱毛の歴史

前回の記事を読んでいない人のためにも、ワックス脱毛の歴史についてご紹介します。

最古では、紀元前3000年までさかのぼり古代オリエント文明の頃でした。当時王が複数の妻を持ち、男子禁制とするハーレム制が主流で、このハーレムにいる女性を中心として、ムダ毛処理が一般的に行われていました。ここで使われていたのが、ワックス脱毛に限りなく近いもので、硫黄、石灰、でんぷんを水で溶いてペーストにし、肌に塗って剥がすというものです。

紀元前30年にはかの有名なクレオパトラ7世がすでに「ブラジリアンワックス」を使っていました。砂糖と蜂蜜と蜜蝋を練ったものを肌にのせて脱毛するという方法で、現在「ブラジリアンワックス」や「シュガーワックス」とも呼ばれています。

「ブラジリアンワックス」として現在親しまれている手法はブラジル人女性7人がニューヨークで1990年の初頭に広め日本で「日本ブラジリアンワックス協会」が設立されたのは2010年のことでした。もとより欧米で流行したことから、日本にも個人で輸入し取り入れるサロンは増えつつあったのですが、欧米製品を使うことでの肌へのトラブルや、技術不足からトラブルが増え、エステティシャンの技術の向上やトラブルを防ぐために協会が立ち上がりました。

ワックス脱毛の種類とメリットデメリット

ワックス脱毛には多く分けてソフトワックスとハードワックスの2種類があります。それぞれメリットとデメリットを含めてご紹介します。

ソフトワックス

ソフトワックスは「ストリップ」と呼ばれるワックス脱毛専用のシートを使い、粘度の高い柔らかいテクスチャを使うのがが特徴です。脱毛剤を脱毛部位に塗り、ストリップを上から貼り付け、固まったら毛の流れの逆方向から剥がします。柔らかいので扱いやすく、自宅で初心者が行うことができるメリットもあります。ソフトワックスの中にもまた2つの種類に分かれます。

水性ワックス

シュガーワックス」や「ハニーワックス」と言われているものが水性のワックスで、油分を含んでい水溶性なため、使用後肌に残ったワックス剤はウェットティッシュなどで拭き取ることができます。

【メリット】

  • ●シュガーやはちみつなどにアレルギーがない限り、肌に優しい
  • ●扱いが簡単で初心者でも簡単に行える
  • ●広範囲の脱毛を短時間で終わらせることができる

【デメリット】

  • ●水性のソフトワックスで脱毛するためには生えている毛が1cm程度必要
  • ●毛を抜く力は弱いので、太くて硬い毛は向いていない

【水性ワックスが適している脱毛ヵ所】

  • ●腕や足などボディ全般

油性ワックス

主に「松やに(ロジン)」ベースのワックス剤で、固形のものとリキッドのものがあります。油性のワックスは使用後に残った場合クレンジング剤を使わないと落とすことができません。また、松やにアレルギーの人もいるので、最近では人工ロジンやロジンフリーワックスが流行ってきているようです。

【メリット】

  • 5㎜程度の短い毛も脱毛できる
  • ●薄く塗布することができるので経済的

【デメリット】

  • ●松やにによるアレルギーを起こすことがある
  • ●剥がすときに肌も引っ張ってしまうため、負担がかかる

【油性ワックスが適している脱毛ヵ所】

  • ●眉デザイン
  • ●髭脱毛
  • ●口周りや顔の産毛処理
  • ●もみあげ

ハードワックス

ハードワックスはストリップを使わず、ワックス剤が固まるのを待って毛と一緒に剥がしとるタイプのものです。通常は固形状になっており、使用時に湯せんや電子レンジなどで溶かして脱毛部位に塗るもので、溶かすのにも時間がかかり、剥がした後に肌に残ったワックス剤もクレンジングで落とす必要があり、初心者には扱いづらいでしょう。しっかりとした技術者のいるサロンでやってもらった方が確実です。また油性ワックスのように原料に松やにが使われていることも多いので、アレルギーのある人は注意が必要です。

【メリット】

  • 2㎜程度の短い毛や細い毛も脱毛できる
  • ●脱毛力が断然高く、すぐにツルツルになれる
  • ●ワックスが肌に吸着しないため、肌に優しい

【デメリット】

  • ●松やに等成分にアレルギーを起こす場合がある
  • ●溶かしたワックス剤の温度が高く、長い時間置くため低温火傷のリスクがある(ごく稀に)
  • ●長い毛には使用できない

【ハードワックスが適している脱毛ヵ所】

  • ●髭脱毛
  • ●鼻毛・耳毛
  • ●VIO
  • ●わき毛

Dr.Visea社長オススメ、MIX脱毛法!

ワックス脱毛は比較的安価で、素早くツルツルになることができますが、2週間もする毛周期の関係で再び生えてきます。少なからず肌へのダメージはあるので、何度もワックス脱毛を続けていくのは負担でしかありません。そこで、Dr.Viseaの渡邊社長はワックス脱毛と光脱毛のMIX脱毛をオススメしています。

生えている毛をワックス脱毛してから効果的に光を照射していく脱毛法です。光脱毛でしたら肌への負担は少ないですし、むしろ美肌を叶えることもできるのです。

詳しくは過去の記事をご覧いただけたら幸いです。動画でも詳しく解説しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
新脱毛法!MIX脱毛って実際どうなの?

 

ページトップへ