脱毛機

【結局どっちを選べばいいの?】光脱毛機 VS LED脱毛機

業務用脱毛機をお探しの全国サロンのオーナーさまへ、今回は光脱毛機とLED脱毛機の違いをご説明します。

今回、両方用意しましたおで、実際にどこがどう違うのかお見せしたいと思います。それぞれメリットやデメリットがあるので、そのあたりをお見せできればと思います。

まず、LED脱毛機。これはハンドピースが軽いというのが一つのポイントです。光脱毛機と比べてもだいぶ違うのがおわかりになるかと思います。

一番の特徴は、もう既にオンになっているのですが、ハンドピースを押せば脱毛ができる状態なんです。ちょっと押してみますね。何も感じないと思うのですが、もう脱毛ができる状態にあります。手のひらに当ててみると光っているのがお分かりになると思います。

何が言いたいのかというと、LEDというのは、光が拡散しないので、ビームのようにまっすぐ出ていき、脱毛したい箇所だけが眩しくなって、部屋全体が明るくならないのです。これがすごく画期的なところです。

一方、光脱毛というのはワンプッシュで部屋全体が明るくなります。何故かというと、ハンドピースから出る光が600~1200という波長なので、周りにもホワーっと拡散していくような光になっているのです。なので、すごく眩しく感じます。

それから、すごく大きな違いとしてはLEDはフォトフェイシャルという肌表面のトラブル、例えばニキビとかシミとかシワとか明るい肌にしたいとか、そういった施術が苦手です。逆に光は得意なんです。特に弊社の「クリアスキンネオ」は得意なのですが、何故かというと、ハンドピースが2本ついており、1本は黄色の波長を出すことができるのです。肌表面の方に作用する波長が黄色く光ります。脱毛のハンドピースに切り替えると赤く光ります。メラニンに反応する光が赤です。

LED脱毛機というのは、赤い光のみ、数字で言うと810~890という波長のみが出るので赤く光り、黄色が出せません。だからフォトが苦手なのです。

LED脱毛機と光脱毛機には得意不得意があるので、脱毛一本でいくならLED脱毛機、フォトもやりたいというのであれば光脱毛機を選ぶという感じで、良いお買い物をしていただければと思います。

 

 

関連記事