ブログ

いつ終わるの?脱毛の効果が出る回数はどれくらい?専門家が解説

脱毛サロンやクリニックを選ぶときの基準の一つとして、「どのくらいの期間で効果が出るのか」というものが挙げられると思います。どこの部位を脱毛するのかにもよりますが、なるべく早く効果を出したいのは誰もが望むところです。毛が1本も生えてこないことをゴールとするならば、結論から申し上げると終わりは来ません。理由は後で述べますが、FDA(アメリカ食品医薬品局)の定めた永久脱毛の定義として『一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間にわたって維持されること』また、AEA(米国電気脱毛協会)の定めでは『最終脱毛をしてから1カ月後の毛の再生率が20%以下であれば永久脱毛と認める』とされてあり、そこをゴールとするなら、どのようなマシンを使っているのかで脱毛サロンやクリニックを選ぶことが短期間で脱毛効果を上げる近道となります。

永久脱毛とは

 

永久脱毛は日本での定義がなくアメリカの考え方に基づいていますが、施術に関しては医療機関で医師免許を持った者しか行えないことになっています。医療機関では毛根部分にレーザー等のエネルギーを照射して発毛組織を破壊することができますが、脱毛サロンでは抑毛を目的とした照射出力までしか許可されていません。照射するエネルギーが医療機関では強いため、少ない回数で脱毛を終えることができます。部位にもよりますが、5~8回が平均的です。ただし、毛周期に合わせて脱毛するため、1回の脱毛に2~3カ月開けなければいけないので、1~1年半はかかるということになります。医療機関で脱毛しているにも関わらず、何度受けても脱毛が終わらない場合、レベルの低いマシンを使っている可能性があるので、どのようなマシンが脱毛の効果を上げていくのかこの後で解説していきます。

医療脱毛のメリット

・少ない回数で永久脱毛ができる
・医師が行ってくれるのでトラブルが起こってもケアできる

医療脱のデメリット

・コストがかかる
・痛みがある
・毛根まで強い出力で照射するため、まれに毛嚢炎や火傷、赤みなどのトラブルがおこる
・黒いメラニン色素に反応するため、白髪や細く色素の薄い産毛などに反応しない

毛周期とは

 

より効果の出る脱毛のマシンを解説する前に、毛周期を知っておく必要があります。毛周期は大きく分けて、「成長期」「退行期」「休止期」の3サイクルを繰り返します。「成長期」は2段階に分かれ、初期では毛母細胞の分裂が始まり皮膚の中で毛の成長が進む段階で、第二期に毛母細胞が活発に分裂し始め、より毛が成長し皮膚の表面に毛として出てきている状態です。「退行期」毛の成長が止まり抜け落ちそうな状態です。次に「休止期」に入ると、毛が抜け落ちて次に毛が成長を始めるまで待っている状態です。そして、このサイクルは体の部位によって期間が違います。

レーザーはメラニンに反応するため、成長期に照射するのがベストと言えますが、全ての毛が同じサイクルで生えているわけではなく、1本1本バラバラかつ見分けることも困難なため、数カ月おきに脱毛する必要があるのです。そして、数カ月おきに脱毛したとしても、毎回休止期にあたってしまった毛根があると、脱毛を終えたと思った後も生えてきてしまうという結果になります。

脱毛サロンでは永久脱毛ができないのか?

「永久脱毛」という言葉を使えるのは医療機関のみになりますが、より効果の高い脱毛を行うことは脱毛サロンでも可能です。むしろ、永久脱毛とうたって低レベルなマシンで医療脱毛をしているクリニックよりも、ハイレベルなマシンでより効果的な脱毛ができる脱毛サロンはたくさんあります。医療脱毛では「成長期」の毛であり、かつ黒い毛にしかアプローチできませんが、脱毛サロンに導入されているマシンの種類によっては、白髪も脱毛できるものがあります。

早く脱毛できることが一番いいことなのか?

もちろん早く脱毛が終わるに越したことはありません。しかし、費用や痛み、肌への負担など総合的に考えてみたらどうでしょうか。

当社の学術顧問である楢村先生に「いい脱毛という考え方について」伺ってみました。

医療脱毛は効果の実感が早いものの、脱毛時の痛みや肌へのダメージが強く、色素沈着や熱傷などのリスクも増加します。その点、エステの光脱毛であれば、医療脱毛に比べ回数は倍程度かかりますが安全に脱毛することが可能です。一方、一般的な光脱毛の場合、「痛みがない・肌へのダメージが少ない」「効果を実感できる」の両者を満足するのは困難です。“いい脱毛”とは、「痛みがない・肌へのダメージが少ない」「効果を実感できる」の両者を満足できる脱毛であることです。

とおっしゃっています。

そんな楢崎先生も認めてくださった当社の「クリアスキン脱毛」は

医療脱毛と同程度の効果があるにも関わらず肌トラブルを起こしにくい画期的な脱毛方法です。現在、その有用性について科学的評価を行っています。

クリアスキン脱毛とは

 

従来の脱毛方法に「IPL脱毛」とか「SHR」と言うのを聞いたことがあるかと思います。当社ではIPLやSHRの脱毛光をしっかりターゲット部位に届けるために、浸透率にこだわり、美肌効果・鎮静効果のある成分を配合した、専用の「クリアスキンジェル」を開発しました。このクリアスキンジェルを使用することで、さらに減毛効果をあげた脱毛方法が「クリアスキン脱毛」になります。

IPLとは

「IPL脱毛」は、Intense Pulsed Light(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を使用して行う施術方法です。IPLは黒色のメラニン色素によく反応するように波長を調整しており、毛や毛根をターゲットに照射する脱毛方法です。

SHRとは

「SHR脱毛」のSHRは、Super Hair Removal(スーパーヘアリムーバル)の略称。
で蓄熱式脱毛とも言います。SHRは毛を作る幹細胞が多く集まるバルジ領域という部分をターゲットに照射し、熱を与えることで減毛させる脱毛方法です。

クリアスキンジェルとは

浸透率にこだわった、美肌効果成分・鎮静効果成分、ヒアルロン酸・コラーゲン・アミノ酸・5種類の美容エキスなどの成分を配合した刺激の少ない無香料タイプのジェルで、肌に優しく香料アレルギーをお持ちの方でも安全にご使用いただけます。

クリアスキン脱毛を実現するマシンとは

IPL、SHR、クリアスキンジェルの3つのアタックでワンランク上の美肌を実現するのが当社の「クリアスキンネオ」です。

クリアスキン脱毛は「毛包」にアプローチ!

今までの成長期にアプローチする脱毛方法とは違い、毛包に直接アプローチします。
痛みは温かさを感じる程度。さらにジェルに含まれる美容成分とマシンのライトで毛穴を目立たなくさせ、肌をワントーン明るくツヤを出し透明感を引き出します。

光フォト機能搭載

光フォトは通常のフォトフェイシャルの5倍もの効果があるといわれています。
コラーゲンを自力で生成する力を活性化させ、肌のターンオーバーを促すことで、憧れの美肌へと近づけます。

E-light(IPL+RF)搭載

IPLにRFを加えたE-lightとSHR方式で、バルジ領域にアプローチ。すべての肌色、毛の色に対応。
バストケアの施術も可能です。

まとめ

脱毛の回数は医療脱毛だと5~8回、期間にして1~1年半かかります。一方美容サロンだと医療脱毛の倍の期間を要しますが痛みの軽減や、美肌などのメリットもあります。いずれにせよ、どのようなマシンを導入しているのかがより早く、キレイに脱毛できるかのポイントになることは間違いありません。やみくもに出力が高いばかりのマシンを選ぶのではなく、脱毛したい部位や毛の種類に合ったアプローチをしてくれるマシンを導入しているクリニックやサロンを選ぶことが重要です。

ページトップへ