お知らせ

助成金・補助金を使用してマシンを導入する。

【小規模事業者持続化補助金の条件等】

 

勤務間インターバル助成金について

「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るもので、2019年4月から、制度の導入が努力義務化されました。
このコースでは、勤務間インターバルの導入に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援します。
是非ご活用ください。

助成金:最大100万円 

計算:129万(マシン代)-100万円(助成金)+20万円(社労士成果報酬)=49万円

 

助成金の申請用件

1、雇用保険に加入している従業員

2、労働保険料を滞納していない

3、時間外労働等改善助成金 インターバル導入コースを申請してない

4、交付決定(相談から2ヶ月前後)がおりるまで機器の発注・支払い・納品ができません。

5、購入代金の支払いは原則「現金払い」が原則

6、助成金の受給は機器の購入後、3〜4ヶ月後になります。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150891.html

 

 

弊社提携の社会保険労務士事務所

 

 

ご興味がある方へ

ご自身でやることも時間をかければ可能かと思いますが、、成果報酬のプロに任せる方が確実でそのご自身のサービスに時間をさけますのでおすすめです。

また、条件が緩和されていたりもしますので、ますはご気軽にご相談くさい。

サポートセンター

メール:sales@visea.jp

電話:03-4572-2982

 >  助成金・補助金を使用してマシンを導入する。